ユーグレナが効果的な便秘とダイエット

 

ユーグレナをご存知でしょうか?ユーグレナとは小学生の理科の授業ででてきた「ミドリムシ」のことで、このミドリムシが生み出す様々な成分が美容関係にも効果があるとされ、様々な商品が開発されています。この記事ではユーグレナの美容効果について特集していきます。

 

 

便秘の原因と便秘がもたらす危険

便秘
一般的に3日以上ウンチ(排便)が出ない、もしくは1週間の排便回数が2回以下の方を便秘といいます。
その他にも、排便後にまだ残っているような残便感を感じる場合も便秘であり、まず、便秘の原因を大きく2つに分けて説明します。

 

@ 【腸の機能低下に関係する原因となるもの】
A 【生活環境やストレス等が原因となるもの】

 

@は、いわゆる病気による腸機能の異常がもたらす便秘です。
その病気とは大腸がんやクローン病、糖尿病やパーキンソン病などです。また、抗コリン薬や抗うつ薬など服用した薬の副作用による便秘もAに分類されます。
これらの場合は必ず病医院を受診するようにしましょう。

 

Aは、一般的にみられる便秘のパターンです。たとえば、生活習慣の乱れや環境の変化によるストレスなどが原因となっています。
この場合は自力で便秘を治すこともできますが、どうしても解消されない場合は医師に診てもらうのをおすすめします。

 

以上のように便秘の原因は大きく2つに分けれますが、どちらも腸の動きが肝となってきます。
では、ここからは@の生活環境に関わる便秘について腸と便秘の関係性と原因を詳しく見ていきたいと思います。

 

便秘がもたらす症状

 

■腹痛・お腹の張り
腸の中にガスや便を溜めているとお腹の張りを感じます。
直腸と大腸の連結部分が左下腹部にあり、そこにガスや便がひっかかって溜まってしまい、腹痛を引き起こしたり、激しい運動をすると腸が圧迫されるため下腹部が押し付けられるように痛みを感じることもあります。

 

■肌荒れ・吹き出物
腸の中に腸内腐敗物が溜まるとその腐敗物を吸収してしまい、肌まで運んでしまいます。肌再生の周期が乱れ、肌荒れや吹き出物の原因に。
便秘は美容の大敵なのです!

 

■口臭
長期に渡って便が溜まったままでいると、便が腐敗し有害物質を作り出してしまいます。発生した有害物質が腸から血液へと溶けだして息として吐き出される事で口臭が発生します。ひどい場合は口臭に留まらず、体臭にまで影響を及ぼすこともあります。

 

■食欲不振
便が溜まっているとそれ以上物を食べる気分が起こらなくなります。この食欲不振が続くと栄養不足になるだけでなく、ストレスを感じたりもします。

 

■吐き気
便が溜まり、消化管の圧が上がるため、吐き気を催すことがあります。この場合、病気の前兆である危険性もありますので診療してもらいましょう。

 

■腸閉寒(レイウス)
腸閉寒とは詰まって硬くなり溜まった便が、腸壁を圧迫することで穴が空いたりして腸の内容物が肛門まで運ばれなくなる病気です。

 

■過敏性腸症候群
これは便秘が数日続いていると思ったら下痢になって落ち着き、また便秘になっては下痢になる・・・を繰り返してしまう症状です。ストレスや不安定な精神状態が原因です。
放っておくと、大腸がんや悪性リンパ腫などを患う危険性もあります。

 

以上のような体調、美容への悪影響や深刻な場合は大きな病気への進行する場合もある「便秘」。一刻も早く改善したいものです。

 

多くの方が経験する日常的な便秘「機能性便秘」

腸機能の低下による便秘であり、一般的に多くみられる症状の便秘タイプです。
この便秘はさらに3つのタイプに分類でき、「弛緩性便秘」「直腸性便秘」「過敏性腸症候群」があります。

 

弛緩性便秘

腸のぜん動運動が弱まり、排便できない状態になります。内臓が下垂している、多産により腹筋が弛緩している人、ダイエットなどの食事制限により食物繊維が不足している人に多いです。
□ 疲れやすい
□ 運動不足
□ 肩こり、冷え性、だるさを感じる
□ 残便感がある
□ ダイエットしがち

 

【改善法】
食物繊維をたっぷり摂る
マッサージで腸に刺激を与える
腹筋を鍛える

 

直腸性便秘

便意を感じてもトイレに行くのを我慢しているとなります。我慢することを続けていると神経が鈍くなり、やがて便意を感じにくくなります。その結果、腸のぜん動運動も鈍くなり排便されず、水分を失っていく便は硬くなってますます出にくくなります。
□ 便秘の度に便秘薬に頼っている
□ 便意がきても我慢することが多い(ゆっくりトイレに行く時間がない)
□ 水分をあまり摂らない
□ 便が硬く排便時に痛みを感じる

 

【改善法】
食物繊維をたっぷり摂る
水分をたっぷり摂る
腸が活発になる朝食後トイレに行く時間を作り、習慣づける

 

過敏性腸症候群

大腸の動きに異常がある場合に起こる便秘です。便秘と下痢を繰り返すパターンが多いです。
□ 便秘と下痢を繰り返す
□ 神経質な性格である
□ 便秘時は硬くてコロコロした便がでる
□ 食後にお腹が痛くなることがある

 

【改善法】
ストレス発散をする
睡眠をしっかりとる
リラックスできる時間を作る

 

このように便秘には様々な影響をもたらす症状や、それらに伴う改善方法もありますが、て共通して注目するべきことは「腸を正常に動かすこと」それには「食物繊維の摂取」と「生活習慣の改善」が必要だということです。

 

「腸を正常に動かすこと」
それには「食物繊維の摂取」と「生活習慣の改善」が必要だということです。

 

しかし、分っていてもなかなか徹底できないところだと思います。
手軽にそして継続的に便秘改善ができる方法があれば試してみたいですよね。

 

 

ユーグレナで腸活、お腹スッキリ!便秘解消!

便秘解消
繊維質の野菜をとったり、水をいっぱいのんだりしても中々改善しない便秘。便秘になるとお腹が張って体臭も気になるようになり、便秘のときは精神的にも辛くなります。

 

こんな時はさっさと病院へ行き便秘薬を処方してもらうの一番効果がありますが、これも常習化すると徐々に薬が効かなくなり副作用だけが目立つようになったり・・・

 

便秘の対策は出来る限り薬を使わないで根本的に体質を変えて毎日気分スッキリ快適に過ごしたいものです。

 

そんなあなたにピッタリな方法があります!それは「腸活」です。

 

腸活というと良く耳にするのが、ヨーグルト、麹酵素、糠漬け、甘酒、など乳酸菌を始めとする発酵食品を多くとり腸内フローラを整えること。そして腸内フローラは悪玉菌、日和見菌、善玉菌などを代表とする腸の中に住む菌を整え、善玉菌優勢の状態に保つことが多く知られています。中でも善玉菌をヤセ菌、悪玉菌をデブ菌とも呼び、人それぞれこのヤセ菌、デブ菌の割合に違いがあり、太る体質の人はデブ菌が多く、痩せる体質の人はヤセ菌が多いことが様々な実験から明確になってきました。

 

腸活にユーグレナが効果あり!

ここではユーグレナ(ミドリムシ)が便秘に効く理由をご紹介いたします。

 

腸活に効果的な「ユーグレナ(みどりむし)」

 

ユーグレナは植物性・動物性両方の栄養成分を59種類も持っており、食物繊維の塊と言われています。

 

ユーグレナの59種類の栄養成分

ビタミン14種類
アミノ酸18種類
ミネラル9種類
不飽和脂肪酸11種類
その他7種類

 

の栄養素に分類されます。

 

さらにこれら栄養素がたっぷり含有しているだけでなく、93.1%もの栄養吸収力で効率よく栄養を摂取できます。

 

そのユーグレナを使ったサプリメントが年々注目を集めているのをご存知でしょうか?

 

 

ユーグレナは独自の成分「パラミロン」を持っています。パラミロンは食物繊維であり、腸の中でスポンジのような働きをしてくれます。

 

どういうことかと言うと、パラミロン自体が細かな穴を無数に持っており、その穴に余分な脂肪やコレステロール、有害物質をぎゅぎゅっと吸収して体外まで押し出してくれる働きがあるのです。

 

便秘を改善すると共に、ダイエットにも繋がる、まさにスーパーデトックス効果が期待できます!

 

ユーグレナ程の食物繊維を摂ろうとおもったら普通では食べれない程、大量の生野菜を食べないといけません。これは現実的に継続することは難しい量です。

 

食生活や環境によって形成された便秘体質は改善することが可能です。
しかし、体質改善には3ヶ月程の時間を必要とし、場合によってはそれ以上の時間がかかります。
毎日こつこつと継続していくことが大切なのです。

 

そこでユーグレナサプリメントが効果的だと言われている訳です。

 

 

便秘とユーグレナが効く理由まとめ

今回は便秘の原因と便秘が引き起こす悪影響とその解消法とユーグレナ(ミドリムシ)の効果についてご紹介しました。

 

便秘のタイプは大きく「一過性便秘」「器質性便秘(急性)」「機能性便秘」「器質性便秘(慢性)」の4つに分けられ、原因は大きく【腸機能の異常が主な原因となるもの】【環境/食生活/ストレス等が主な原因となるもの】の2つに分けられます。

 

病気が原因で引き起こす便秘は診療してもらいましょう。食生活や環境が原因で起こる便秘は自力での改善も可能であり、ユーグレナ(みどりむし)が効果的であることをお伝えしてきました。

 

今まで頑固な便秘に悩まされていた方も夢のスーパーフード「ユーグレナ(みどりむし)」の存在に希望が持てたかと思います。

ページの先頭へ戻る