朝からシャキッとしない

 

日々の調子もいまいち

 

最近、スッキリとした気分の日がない

 

いつもどんよりした顔をしている

 

こんな悩み、感じていませんか?

 

人体への酵素の影響はこのように日々元気に過ごせる要素が詰まっています。酵素が加齢やストレスにより体内の酵素は減少していきます。

 

特に30代から70代にかけては、体内酵素は約半分に減少します。

 

酵素を補うためには、発酵食品を摂ることが大事です。

 

麹の酵素のはたらき

麹酵素とは、まず麹には多くの酵素が含まれており、その酵素には食物の栄養を分解して消化・吸収を助ける役割があります。

 

また、麹に含まれる酵素には、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなどその数は30種類以上とも言われており、まさに麹は酵素の宝庫です。女性にとって嬉しい成分であるビタミン類を生成する働きがあることや、消化のサポートをする働きがあることから、美容健康面でも注目されています。

 

麹の栄養素分解能力

栄養素を消化・吸収しやすく分解します。
旨味を感じるアミノ酸を生み出したり、食物をやわらかくする力があります。

 

麹のアミラーゼがデンプンをブドウ糖に、プロテアーゼがタンパク質をアミノ酸に分解します。
酵素の力により、ある程度分解された状態で摂取できるため、体内での消化・吸収がしやすくなります。

 

麹が腸内細菌を元気いっぱいに!

腸内細菌
麹の酵素によって生み出される「オリゴ糖」は、腸内細菌“善玉菌”の大好物です。これをエサにして善玉菌が繁殖します。

 

菌は自身の代謝の過程でビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、イノシトールなど、肌の代謝にかかわるビタミン類を生成します。

 

麹を使うとお肉がやわらかくなる

温度30℃の環境で30分間塩糀に漬け込んで加熱した鶏肉、牛肉、豚肉の切れる圧力を「破断応力試験」で測定しました。
鶏肉、牛肉は塩糀を漬け込んでいないものと比較するとお肉が切れる圧力が38%低減し、豚肉でも18%低減したことがわかりました。

 

麹酵素がもたらす人への効果

甘酒の原料として有名になった「麹こうじ」!
そして、麹を使ったサプリの「麹酵素」が注目されているのをご存知ですか?

 

麹には、女性に嬉しい効果がたっぷり詰まっています
ここでは麹こうじの驚くべき効果効能について紹介していきます。

 

麹の腸内環境を整えるデトックス効果

デトックス
麹にはたくさんの酵素が含まれていて、腸内環境を整える働きが期待できるのです。
さらに麹菌には便秘改善に役立つ食物繊維や善玉菌のエサとなるオリゴ糖、善玉菌を増やす乳酸菌が含まれているので、便秘解消にも効果があります。

 

便秘が解消できれば身体の中に溜まった毒素を排泄することができて、腸内環境が整うことで便秘の予防にも役立ちます。
さらにデトックスされることによって便秘からくる肌トラブルの解消にも役立ってくれますよ

 

麹でビタミン、ミネラル豊富にダイエット

麹にはビタミンやミネラルだけでなく、ペプチドやアミノ酸などの糖質成分が入っているので脂肪の吸収を穏やかにする働きが。
ダイエット中はよく噛んでゆっくりと食事をとることで食べ過ぎを予防している方も多いかと思いますが、ブドウ糖がたっぷりと含まれている麹を食前に摂っておくことで血糖値が適度に上げることができます。

 

この働きによって満腹中枢が刺激されて、自然と食べ過ぎを防ぐことができます。
また、便秘で体重が増加している場合には、麹のデトックス効果によってダイエットに効果発揮することもできます。

 

そして、このデトックス効果によって身体の中から余分なものがなくなることで代謝が上がり、痩せやすい身体を作ることもでき、なかなかダイエット効果が実感できないという方にも麹を使ったダイエットはおすすめです。

 

麹で免疫力を高めて美容と健康に

麹には必須アミノ酸やビタミンB1、B2、B6、パンとテン酸、ビオチンなど美容に欠かせない成分がたくさん含まれています。
このような成分は身体に栄養素を与えて免疫力を高める効果があると言われているので、免疫力が高まることで身体の内側から健康的に美しく、髪の毛にまでツヤやハリが出て効果を発揮します。

 

麹の必須アミノ酸豊富で美肌に

麹に含まれている必須アミノ酸には天然保湿因子を増やす働きがあって、お肌にうるおいを与えてくれます。
さらにパントテン酸はコラーゲンの育成をサポートする働きがあるので、ビタミンB2には新陳代謝を活性化させてお肌のターンオーバーを整える効果も期待。また、ビオチンには粘膜の保護をサポートする働きがあると言われています。

 

このように麹にはお肌をプルプルもちもちにする働きがあり、美肌に対する効果も高く、麹はお肌の状態を良くするだけでなく肌トラブルの予防にも役立つと言われているので、麹を摂り続けることで肌トラブル知らずの美肌をキープすることができるのです。

 

麹で抗酸化作用が体のサビをとる

麹は発酵する過程でポリフェノールが抽出されます。
ポリフェノールには身体の中のサビを取り除く抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用は美容や健康に、サビを取り除く効果でアンチエイジングに役立てます。

 

麹のビタミンB1で疲労回復

麹に含まれているビタミンB1は炭水化物などに含まれている糖質をエネルギーに変える働きがあります。
エネルギーが無ければ元気は出ないので、麹は疲労回復にも効果があります。

 

特にビタミンB1は汗と共に流れ出てしまう栄養素なので、スポーツのサポートとしても最適な栄養素。
また、麹の疲労回復効果は昔から注目されており、江戸時代には夏場を乗り切るために麹が原料の甘酒が売り子によって街中で手軽に入手でき人々を救って来たとのことです。現代でも甘酒は飲む点滴と呼ばれ静かなブームになっています。

 

麹でビタミンB6が豊富でリラックス

ビタミンB6は悩や神経機能をサポートする栄養素なので、気持ちが安らぐ効果が期待できると言われています。
リラックス効果はダイエットや美容にも欠かせない効果なので、ストレスからくる暴食や肌トラブルに悩まされているという方にも、麹がおすすめです。

 

 

ウィキペディア(Wikipedia)より麹とは

 

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[1][信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。

 

「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛[2]。

 

漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期[3]には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。

 

麹に含まれる酵素

麹とは米や麦、豆等に「コウジカビ」と呼ばれる一群の糸状菌を生育させたものであり、コウジカビが体外に分泌した酵素によりデンプン、タンパク質、脂肪などを非常に高い効率で低分子化することが出来ます。

 

デンプンを加水分解する酵素であるアミラーゼとプロテアーゼ

また酵母はデンプンの加水分解によって生じるブドウ糖や麦芽糖をアルコールに変換することが出来、この酵素の総称をプロテアーゼと呼ばれています。タンパク質はアミノ酸がアミド結合で多数重合したポリペプチドである。デンプンの場合と同様、ヒトは通常ポリペプチドに対してうま味を感じることが出来ない。ポリペプチドの加水分解によって生じるアミノ酸や短いペプチドに対してうま味を感じます。

 

脂肪を分解するリパーゼ

「リパーゼ」 (lipase) は、脂質を構成するエステル結合を加水分解する酵素群です。

 

 

麹酵素のまとめ

麹にはダイエットや美容、健康、アンチエイジングなどさまざまな効果がぎっしり!
また、この記事で紹介しましたように、麹酵素はあらゆる角度から人体に働きかけ様々な効果を実感できる体質改善にもってこいの万能食材です。

 

ユーグレナから生まれた麹酵素

 

\ユーグレナから生まれた麹酵素はこれの4.8倍の力があります。詳しくは公式サイトをご覧くださいね!(^o^)/
ユーグレナから生まれた麹酵素公式サイト

ページの先頭へ戻る